ディーラーより専門店で車を買取してもらって購入した

過去に車を買取してもらったことがありますが、いずれも購入したディーラーで売買をしていました。最近15年乗った愛車を手放すことになったのですが、内訳を詳しく調べると0円の下取りでその上に手数料が要るのです。これが買い取り専門店だと査定0円の店もありましたが、いろいろ同業者を当たってみると3万円で下取りしてくれることが分かり、手数料の要るディーラーでの商談は止めて早速買取専門店との話を進めたのです。そこは車買取専門店DUNKで3万円で買い取りしてもらいました。3万円と言っても廃車費用(15,000円)が要らない分結局5万円得する形になります。後でよく考えたら確かに車検が1年半ありまだ十分乗れる車が無料と言うのはあまりに酷すぎます。長年半年ごとに定期点検して事故もなく大事に乗ってきた愛車が0円と言うのはあまりに可哀そう過ぎます。せめて大事な車であったという証がほしくて3万円でも価値をつけてほしかったのです。その後この愛車が如何ほどで売れたかとの情報はありませんが、きっと高く売れたものと思います。自分の長年愛した車が廃棄処分にされることなく、どこかで活躍している姿を想像するだけで買取専門店で売却したことに満足しています。また次の新車を買う費用の一部になったことが嬉しいのです。ディーラーではどの店も製造から10年以上経った車は価値がなく査定をしないことになっているようで、あまりに現実的ではありません。車検にも合格し、これからも十分乗れる状態の車に値がつかないのは合理的ではありません。次から次と新車を作り出すより、古い車でも補修して点検して安全に快適に乗れるのならそれを使った方が経済的です。資源の少ない日本ではなおさらリサイクルや使い続ける工夫が必要です。あれほど省エネを叫んでいた声は一体どこへ行ったのでしょうか。そしてその考えは消えたのでしょうか。次から次へと新車を作り出す仕組みを改め、少しでも今乗っている車を十分使い切る・乗り切る方法を考えることも必要ではないかと考えます。今回初めて買取専門店で売ることができてそしてその車がまた有効に利用されることが分かってそのオーナーとしては嬉しい限りです。ディーラーでの下取りではその先が見えない。また今まで自分が大切にしてきたことが無になる虚しさ。それがここでの買取してもらったことで無駄死にはならず、生きたことになったのです。もう高齢だから新車は考えてはいませんが、今乗っている車はいつか乗れなくなったときには買取に出すことがあろうかと思います。その時でもディーラーに任せきりにするのではなく、こうしたできるかぎり高額で買取ってくれる買取専門店に依頼したいと思うようになりました。たかが中古の車だろうが、そこには長年乗ってきた愛着があります。お金の問題ではないが、かといって0円買取されたんではあまりにまだ十分乗れる車が可哀そう過ぎます。死にかけて車に再び活躍の場を与えてあげるのはやはりこのような買取専門店を利用するのがいいかなと実感として思います。たった一回の体験ですが、今まで何回かディーラーに下取りを任せていたことが悔やまれて仕方ありません。今後はじっくり調べて何社かある買取専門店で有利な交渉・商談をしょうと思っています。今はネットの時代、買取のお試しアプリもあるし、実際にアンケートに答えると親切に回答してくれる専門店も少なくありません。サービスの競争時代に入ったと言っても過言ではない今日、いろんな店に当たって自分の気に入った方法で愛車を買い取ってもらう方がいいかと思います。たった一回の買取体験なのにこれほど知恵がつくとは思っていませんでした。今後もこうしたことの知識をつけ賢い消費者になりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です