車高価買取してもらう方法

車高価買取してもらう方法をまとめています。

売却編

2012年の夏、仕事の都合により遠隔地へ転勤することになり、通勤を含めほぼ毎日乗っていた車(ラクティス)には帰省してきた週末に少し乗る程度へと状況が変わりました。同時に車検が同じ年の12月に迫っていたため、手放すことも含めて真剣に検討していました。そこで、車買取専門店のガリバー稲沢店(愛知県稲沢市)へと向かい、一度査定してもらうことにしました。年式もそこそこ古く且つ走行距離が9万キロに達していたので正直値が付かないことも覚悟していましたが、想定よりも高い金額を提示され驚きました。事前の見積りで車検代金がかなりの費用となることが分かっていたため、ほとんど乗っていない状況の中、高額な費用を投じるのは非常に意味のない出費となる可能性が高い、今のところは車がなくても大丈夫かと判断し、ラクティスを売却することとしました。その後、何週間かガリバーから毎週のようにダイレクトメールが自宅に届いていましたが乗りたいと思える車種を紹介してくれたわけではなかったので結局ガリバー経由で車を買うことはありませんでした。

購入編

上記より数週間、車がないことでもどかしい日々が続きました。行こうと思った場所に行けないもどかしさです。例え週末に少しだけでも車に乗れるということの有り難さが身にしみました。特に小生の自宅周辺はまさにそれを絵に描いたような場所でもありました。このままでは引きこもりになってしまう、そこで2013年2月、意を決して車を買うことを決めました。訪ねたのはワイズアウトレット(愛知県稲沢市)です。展示されている車をぼんやりと眺めていると駆け寄ってくる人物(この店の販売員)になにかお探しのお車はございますかと声をかけられました。小生は今自分が車を探している旨を伝え、店内の事務所に案内され商談が始まりました。その時はこれといった車が店内にはなかったので、特に詳細を話すこともなく帰宅しました。その2週間後、再びワイズアウトレットを訪ねた際、店側からある提案を受けました。近いうちに東京で自動車のオークションが開催されるのでそこに出品されている車両を落札してはどうかという提案です。出品予定の車両をいくつか吟味するなかでこれだと思うものを見つけました。Vitz RS 1.5L 5MTでした。今まで、教習所でしかMTに乗ったことはありませんでしたが、湧き出る好奇心を抑えきれず店に落札を依頼しました。その結果、想定していたよりも安い金額で落札に成功しました。その後、車両整備及び任意保険の契約を済ませ、2013年3月の終わりごろ、Vitzは無事小生のパートナーとなりました。現在2016年、現在も小生と共に多忙な日々を過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です